満北亭@大月 みそラーメン+マンシュウぎょうざ+ビール 特別編

画像
7月1日は山開き。今の時期になると、1年って早いなというのをすごく感じる。今回で富士登山は16回目だが、山開きの初日に登るのは初めて。河口湖口から登り、須走口から下山する予定だったが、残念ながら須走口が開通してないとのこと。というわけで、登りも下りも河口湖口の選択肢しかない。御三岳神社でお参りし、河口湖口五合目からスタート!

七合目あたりから得意の岩道になり、ぐんぐんペースアップ。八合目を通過しても体力は落ちず。しかし、九合目あたりから足が止まり始める(笑)。頂上が見えるも、体がいうことをきかない(笑)。息を切らしながらも何とか登頂・・・!

画像
登山に関して興味のない人にしてみればちっぽけなことなのかもしれない。しかし、頂上まで登りつめた時の達成感は何にも代えがたいもの。これは、登った本人にしかわからないことだから。

雨が降ったり晴れたりのおかしな天候だった。山の天候って読めないなぁというのを改めて実感。頂上はかなり霧がかかっていた。

登り4時間半・下り2時間の長い戦いに終止符。無事に河口湖口五合目に戻ってこれた。

思えば、富士登山を始めたキッカケは8年前のある災難だった。あの時に信じるものを失い、行き詰まっていた時に一つのことやり遂げることの大切さ・素晴らしさを富士登山が教えてくれたのである。

でも、その災難がなければ富士山には登っていない。今日の天気と一緒で人生も先は読めない。こんな素晴らしい目標を見つけることができたのだから。・・・ということで、今回の富士登山を締め括ろうと思う(笑)。

画像
河口湖口五合目からバスで河口湖駅へ。河口湖駅へ向かう途中、大雨になってた。そして、河口湖駅から富士急行で大月駅へ。大月で寄り道。ほうとうは何度も食べてるので、ラーメンでいこうと思った。そして、タイトルの通り大月の満北亭へ(笑)。ちなみに、この店は営業してなかった。

画像
みそラーメン(500円)+マンシュウぎょうざ(500円)+ビール(500円)で。麺大盛りできるか聞いたら、できないと言われた(笑)。ラーメンは餃子の後の方が良いのか聞かれたから、最後でお願いした。

まずは瓶ビール登場。中瓶(500ml)かと思いきや、大瓶(633ml)。

画像
しかし・・・、餃子を持ってきた店主から「ラーメン出来ちゃったんだけど良い?」と言われた(苦笑)。だったら、最初から聞かなきゃ良いのに(苦笑)。

画像
ラーメンは餃子の直後に登場(苦笑)。運んできたのは聞いてきた人だけど、何もなし(苦笑)。これ、完全に駄目だろ(笑)。

みそラーメンを食べてみると・・・、野菜炒めに味がない(笑)。麺は中太縮れ麺。量は250g以上はありそうな感じ。これだけあるなら、大盛り不可でもまぁ良い。スープはそれ程こってり感がなく、味の濃さもない。特筆すべきものがないスープだ。全部飲むに値しないので半分くらい残した。中毒性のあるスープなら、飲み出したら止まらないから。

まず、コストパフォーマンスは良い。餃子は6個でサイズも大きめ。ビールも大瓶で500円だし。これで500円というのは素晴らしい。ラーメンだけならワンコインで食べれる。しかし、ラーメンの味以前に店内の雰囲気・接客が・・・。これらが良ければ全体の評価も少しは上がってただろうし。色々な意味でもったいない店だった。

ラーメンはやられた感が強かったけど(笑)、良い一日だった。色々なことを考えながら、大月を後にした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック